モモ‘清水白桃’の最終摘果時期遅延が果実肥大に及ぼす影響

モモ‘清水白桃’の最終摘果時期遅延が果実肥大に及ぼす影響

レコードナンバー660564論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20005551NACSIS書誌IDAA11377130
著者名安井 淑彦
各務 裕史
片岡 繁也
書誌名岡山県農業総合センター農業試験場研究報告 = Bulletin of the Agricultural Experiment Station, Okayama Prefectural General Agriculture Center
発行元岡山県農業総合センター農業試験場
巻号,ページ20号, p.23-26(2002-07)ISSN13466658
全文表示PDFファイル (341KB) 
抄録清水白桃において、生理的落果が発生しても収量が減少しないように最終摘果時期を満開後80日ごろまで遅延し、摘果遅延が果実肥大、収量に及ぼす影響を検討した。1.満開後40日ごろの摘果で目標着果数の1.6倍に着果させ、最終摘果時期を満開後80日ごろまで遅延しても、葉果比70では慣行摘果と比較して幼果期の果実肥大がわずかに劣っただけで、成熟期には慣行摘果と同等の大きさになった。葉果比100では、果実肥大は生育期間を通して慣行摘果とほぼ等しく推移した。2.収穫時期も慣行摘果と差がなかった。3.収穫果実の核割れ果は、慣行摘果より少なかった。4.糖度、pHは慣行摘果と同等であり、最終摘果時期の遅延による果実品質への悪影響は認められなかった。
索引語摘果;果実;時期;肥大;収量;収穫;モモ;落果;目標;大きさ
引用文献数5
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat