酵素等による食品廃棄物等有効利用技術の開発

酵素等による食品廃棄物等有効利用技術の開発

レコードナンバー660676論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00012157NACSIS書誌IDAN1018630X
論文副題乳酸菌添加副資源飼料給与がふん臭気等に及ぼす影響(2)
著者名白石 誠
秋山 俊彦
黒岩 力也
ほか1名
書誌名岡山県総合畜産センター研究報告 = Bulletin of the Okayama Prefectural Center for Animal Husbandry & Research
別誌名Bulletin - Okayama Prefectural Center for Animal Husbandry & Research
岡山総畜セ研報
発行元岡山県総合畜産センター
巻号,ページ13号, p.25-30(2002-03)ISSN09154728
外部リンク
全文表示PDFファイル (637KB) 
抄録食品製造工程で排出される廃棄物を乳酸発酵させ、飼料として給与した乳牛から排泄されるふんについて、二次的効果としての臭気低減効果を調査した。1.作成した飼料は、pH4.0前後で十分な乳酸発酵が行われていた。2.ふん中のlactobacillusやstreptococcusは増加しておらず、また、pHも低下していないことなどから、乳酸菌が定着できなかったと推察された。3.牛ふんから発生する臭気を測定したところ、肥育豚に認められた臭気の低減は得られなかった。これは、消化管に違いがあるため、使用した乳酸菌が定着せず、先住菌により排除されたためと考えられた。
索引語乳酸菌;飼料;廃棄物;乳酸;効果;pH;発酵;酵素;食品;利用
引用文献数16
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat