磁場印加がブタ精子の凍結に及ぼす影響

磁場印加がブタ精子の凍結に及ぼす影響

レコードナンバー660713論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00011654NACSIS書誌IDAN10202971
著者名桝田 博司
良方 めぐみ
金 哲
ほか2名
書誌名日本養豚学会誌 = The Japanese journal of swine science
発行元日本養豚学会
巻号,ページ39巻・ 3号, p.175-182(2002-09)ISSN0913882X
全文表示PDFファイル (571KB) 
抄録曝磁(以下、磁場印加と記述する)凍結がブタ精子の融解後の生存指数、先体正常率およびGOT漏出量に及ぼす影響を調べた。濃厚部精液を前処理液で希釈して3時間室温に放置後、遠心分離により上澄みを除去した。沈澱精子は凍結用希釈液に浮遊後、90分を要して5℃まで冷却した。第二次希釈液を添加後ストローに封入し、液体窒素蒸気中で20分放置して凍結した。磁場印加凍結では、10000 Gauss(以下Gと略記)および4000Gの永久磁石を用いて形成された7450G、1550Gおよび240Gの静磁場内で凍結を行った。得られた成果は、次の通りであった。1.いずれの磁場強度においても融解後の精子生存指数は高められたが、正常先体率およびGOT漏出量は対照区と著差はみられなかった。2.磁場印加の効果は、太型ストロー(Φ5mm)による凍結で明確に認められたが、細型ストロー(Φ2mm)では認められなかった。3.精子濃度10億/mlでも磁場印加による融解後の精子生存指数の改善効果が認められた。また、1550Gは240Gよりも精子の生存指数が高くなる傾向がみられた。4.1550Gで磁場印加凍結した精子の授精により正常な産子が得られた。以上の結果から、磁場印加凍結が融解後のブタ精子の生存性の維持、改善に有効であることが確認された。
索引語精子;凍結;生存;ブタ;効果;精液;前処理;分離;液体;窒素
引用文献数16
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat