キュウリ催芽種子幼根の組織活性および生長に及ぼす高温の影響

キュウリ催芽種子幼根の組織活性および生長に及ぼす高温の影響

レコードナンバー660929論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015006NACSIS書誌IDAN00025257
著者名壇 和弘
今田 成雄
書誌名園藝學會雜誌
別誌名園芸学会雑誌
Journal of the Japanese Society for Horticultural Science
発行元園藝學會
巻号,ページ71巻・ 6号, p.805-811(2002-11)ISSN00137626
全文表示PDFファイル (1699KB) 
抄録キュウリ催芽種子を用いて、TTCによる幼根部の染色程度と高温処理後30℃に2日間置いた後の幼根長を測定することにより、高温耐性獲得のための前処理条件について調査した。催芽種子を30、35、37.5、40、42.5および45℃で2時間処理した。45℃・2時間処理した催芽種子では幼根部の染色および高温処理後30℃に2日間置いた後の幼根伸長が顕著に抑制され、幼根が高温により著しくダメージを受けた。次に、45℃・2時間処理を行う前にあらかじめ催芽種子を30、35、37.5、40、42.5および45℃で2時間前処理した。37.5および40℃の前処理を行った区では、45℃・2時間処理によって受ける幼根のダメージが著しく軽減された。また、37.5および40℃で30分以上の前処理を行うと45℃・2時間処理によって受ける幼根のダメージが軽減された。これらの結果より、あらかじめ37.5および40℃で30分間以上の前処理を行うことにより、その後の高温に対する耐性が獲得されることが明らかになった。また、TTCによる幼根の染色や高温遭遇後の幼根の伸長量測定は、高温障害の判定に有効であると考えられた。
索引語根;高温;処理;芽;種子;前処理;染色;キュウリ;耐性;伸長
引用文献数20
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat