遠赤色光透過抑制によるワケギのりん茎形成抑制効果に及ぼす低温遭遇の影響

遠赤色光透過抑制によるワケギのりん茎形成抑制効果に及ぼす低温遭遇の影響

レコードナンバー660933論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015006NACSIS書誌IDAN00025257
著者名山崎 博子
濱野 惠
大和 陽一
ほか1名
書誌名園藝學會雜誌
別誌名園芸学会雑誌
Journal of the Japanese Society for Horticultural Science
発行元園藝學會
巻号,ページ71巻・ 6号, p.829-831(2002-11)ISSN00137626
全文表示PDFファイル (384KB) 
抄録FR透過抑制処理によるワケギのりん茎形成抑制効果は、夏どり栽培に比べて春どり栽培で低い。春どり栽培での効果の低さがりん茎形成前の低温遭遇に起因することを実証するため、5または25℃で70日間保存したワケギ‘木原晩生1号’のりん茎をFR透過抑制および自然光条件で生育させた。りん茎を25℃で保存した場合、自然光区ではりん茎が形成されたが、FR透過抑制区ではりん茎形成は完全に抑制された。りん茎を5℃で保存した場合には、両光質処理区においてりん茎形成が促進され、FR透過抑制処理によってりん茎形成 を完全に抑制することはできなかった。FR透過抑制区と自然光区のりん茎形成程度の差は、りん茎を25℃で保存した場合に比べて5℃で保存した場合の方が小さく、FR透過抑制処理によるりん茎形成の抑制効果は前歴の低温遭遇によって低下することが示された。
索引語抑制;形成;透過;効果;処理;低温;栽培;光;春;夏
引用文献数10
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat