消石灰と石膏による児島湖浚渫土の透水性改良

消石灰と石膏による児島湖浚渫土の透水性改良

レコードナンバー661045論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015250NACSIS書誌IDAN00201203
著者名石黒 宗秀
濱邊 亜希子
赤江 剛夫
書誌名農業土木学会論文集
別誌名農土論集
Transactions of the Japanese Society of Irrigation, Drainage and Reclamation Engineering
Transactions of the Agricultural Engineering Society, Japan
発行元農業土木学会
巻号,ページ221号, p.43-48(2002-10)ISSN03872335
全文表示
抄録児島湖底土浚渫土を用いて、消石灰および石膏による透水性の改良方法を検討した。消石灰あるいは石膏を、浚渫土と混合する方法、表面散布する方法、溶液状態で浸透させる方法の3種類の添加方法で、飽和透水試験装置を用いて飽和透水係数を比較した。消石灰では、混合法により、比較的大きな飽和透水係数が維持されることを明らかにした。これは、混合によりある程度不均質に試料中に分布した消石灰が化学反応を起こして構造を安定化させたため考えられる。一方、石膏は、溶液浸透法による結果がそれと同程度の透水性を示した。これは、石膏の場合、Caが静電気力による吸着で凝集効果を及ぼしたためと考えられる。
索引語石膏;透水;土;性;混合;改良;透水係数;浸透;表面;添加
引用文献数6
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat