ニワトリ精漿で希釈したウズラ精子の運動性

ニワトリ精漿で希釈したウズラ精子の運動性

レコードナンバー661088論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20007115NACSIS書誌IDAA11564513
著者名前田 照夫
書誌名The journal of poultry science
別誌名J. poult. sci
日本家禽学会誌
発行元Japan Poultry Science Association
巻号,ページ39巻・ 3号, p.185-187(2002-07)ISSN13467395
全文表示
抄録ニワトリ精漿がウズラ精子の希釈液として利用できるかどうかを明らかにするために、ニワトリ精漿あるいは0.005%(W/V)カフェインおよび10%(V/V)クロアカ腺液を添加したレーク液でウズラ精管精液を40倍希釈し、精子運動性解析装置(CASA)を用いて、ウズラ精子の運動性を解析した。その結果、ニワトリ精漿で希釈した精子の運動性および前進運動性は、カフェインおよびクロアカ腺液を含むレーク液で希釈したそれらより有意に高い値を示した。従って、ニワトリ精漿がウズラ精子の希釈液として利用できることが明確にされた。
索引語精子;ニワトリ;ウズラ;運動;性;カフェイン;解析;精液;装置;希釈
引用文献数9
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat