北海道西岸中央域におけるクロソイ稚魚の生息域と胃内容物に関する予報

北海道西岸中央域におけるクロソイ稚魚の生息域と胃内容物に関する予報

レコードナンバー661173論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00008206NACSIS書誌IDAN00394140
著者名佐々木 正義
西内 修一
塩川 文康
書誌名栽培漁業技術開発研究
別誌名Saibai gyogyo gijutsu kaihatsu kenkyu : technical reports of Japanese sea ranching programs
栽培技研
発行元瀬戸内海栽培漁業協会
巻号,ページ30巻・ 1号, p.27-30(2002-10)ISSN09116753
全文表示
抄録1997年~1999年に北海道西岸の厚田、余市、寿都沿岸で、桁曳網、地曳網、ソリネットによって全長29.8~92.9mmのクロソイ稚魚が採集された。このうち、厚田では全長50mm未満の稚魚が主に水深1.5m以浅のスガモやホンダワラ類が繁茂する藻場で採集され、これらのほとんどが橈脚類Acartia steueriを多数摂餌していた。この結果や他地域の稚魚の生息域に関する情報から、水深2m以浅のスガモ・アマモ類を含む藻場は沿岸の岩礁域や岸壁に移動する前のクロソイ稚魚の重要な成育場になっていると考えられた。
索引語北海道;沿岸;水深;藻場;胃;摂餌;地域;情報;アマモ;稚魚
引用文献数24
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat