魚の移動による資源分布の季節変化を考慮した永年禁漁区の評価

魚の移動による資源分布の季節変化を考慮した永年禁漁区の評価

レコードナンバー661273論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20005660NACSIS書誌IDAN00193422
論文副題東シナ海・黄海のマダイPagrus majorとキグチLarimichthys polyactisについての検討
著者名白井 靖敏
原田 泰志
書誌名日本水産學會誌
別誌名Nippon suisan gakkaishi
NSUGAF
日本水産学会誌
発行元日本水産學會
巻号,ページ68巻・ 5号, p.685-694(2002-09)ISSN00215392
全文表示PDFファイル (966KB) 
抄録永年禁漁区の有効性を齢構成のある資源動態モデルを用いて評価した。CPUE分布の季節変化を説明する禁漁区内外の移動率の上限と下限を設定し、それぞれに対応したYPRとSPRを計算した。その結果、若齢から高い漁獲係数で漁獲されている場合に、永年禁漁区によるYPRやSPRの減少抑制効果が大きいこと、移動率の設定の相違が及ぼす影響は資源の半分程度が含まれる大きさの禁漁区の場合に最も大きいこと等が示された。資源分布の季節変化の情報だけに頼らない正確な移動率の推定が必要である。
索引語移動;資源;分布;季節変化;評価;漁獲;東シナ海;齢;動態;モデル
引用文献数40
登録日2011年06月22日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat