定植時における圃場の土壌水分と根鉢の含水率がレタスセル成型苗の全自動移植機による植え付け精度並びに生育に及ぼす影響

定植時における圃場の土壌水分と根鉢の含水率がレタスセル成型苗の全自動移植機による植え付け精度並びに生育に及ぼす影響

レコードナンバー661397論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20008506NACSIS書誌IDAA11766369
著者名福地 信彦
宇田川 雄二
書誌名千葉県農業総合研究センター研究報告 = Bulletin of the Chiba Prefectural Agriculture Research Center
別誌名Bull. Chiba. Agric. Res. Cent.
千葉農総研研報
発行元千葉県農業総合研究センター
巻号,ページ1号, p.1-6(2002-03)ISSN13472585
全文表示PDFファイル (332KB) 
抄録定植圃場の水分状態およびセル成型苗の根鉢の含水率が、レタスセル成型苗の全自動移植機による植え付け精度並びに生育に及ぼす影響について検討した。1.定植圃場の土壌水分は、土壌pF2.1からpF2.3、土壌含水比約50%の状態で植え付け精度が高く、その後の生育も良好であった。土壌pF2.7、土壌含水比33%の圃場では、植え付け精度と定植後の生育が劣った。2.根鉢の水分状態が弱湿潤の、含水率76%で植え付け精度が最も高く、それより高くても低くても植え付け精度は劣った。しかし、定植後の生育には影響しなかった。
索引語生育;含水率;レタスセル成型苗;全自動移植機;植え付け精度並び;植え付け精度;影響;根鉢;圃場;土壌水分
引用文献数23
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat