N-tert-Butyl-N´-(4-ethylbenzoyl)-3,5-dimethylbenzohydrazideの3,5-dimethylbenzoyl部分を変換した誘導体の合成と殺虫活性

N-tert-Butyl-N´-(4-ethylbenzoyl)-3,5-dimethylbenzohydrazideの3,5-dimethylbenzoyl部分を変換した誘導体の合成と殺虫活性

レコードナンバー661455論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015061NACSIS書誌IDAN00196227
著者名沢田 善宏
中川 春美
塚本 芳久
ほか4名
書誌名日本農薬学会誌
発行元日本農薬学会
巻号,ページ27巻・ 4号, p.363-373(2002-11)ISSN03851559
全文表示PDFファイル (749KB) 
抄録20-ヒドロキシエクダイソンテンプレートとの平面構造の重ね合わせモデルから、エクダイソンアゴニストであるN'-benzoyl-N-tert-butylbenzohydrazide類のひとつRH-5992の3、5ーdimethylbenzoyl部分を変換した化合物を合成し、そのハスモンヨトウ3齢幼虫に対する殺虫活性を調べた。3、5ーDimethylbenzoyl基のベンゼン環を還元したものの、3位のメチル基を変換したものおよび3、4位でヘテロ環を形成させたものをそれぞれ合成した。ベンゼン環の還元では還元が進むにつれて活性が低下消失した。3位をフルオロメチル基やジフルオロメチル基としたものは比較的高い殺虫活性を保持したが、3位のメチル基を酸化したものや、大きな置換基を導入したものの殺虫活性はほとんどなかった。3、5ーdimethylbenzoyl部分を含酸素縮合ヘテロ環へ変換した化合物は、ほとんど殺虫活性を示さなかった。
索引語活性;合成;還元;化合物;ベンゼン;構造;モデル;齢;幼虫;酸素
引用文献数13
登録日2011年12月19日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat