畑地圃場における自然降雨による農薬の地表流出

畑地圃場における自然降雨による農薬の地表流出

レコードナンバー661457論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015061NACSIS書誌IDAN00196227
著者名高橋 義行
高田 正司
小田中 芳次
ほか4名
書誌名日本農薬学会誌
発行元日本農薬学会
巻号,ページ27巻・ 4号, p.378-382(2002-11)ISSN03851559
全文表示PDFファイル (422KB) 
抄録宮崎県佐土原町の圃場において、キャベツを定植した灰色低地土の緩斜面圃場(Al:1.7°、5a)で1997年5~7月の梅雨期に地表水の流出が計13回観察された。この圃場にダイアジノン粒剤の定植時処理(a.i.300g/10a)、その55日後TPN(400mg/1)とジメトエート(430mg/l)の混用液(239l/10a)、その8日後にTPN、ダイアジノン(400mg/1)とジメトエートの混用液(224l/10a)を散布した。表流水によって流出したTPNの96%(流出直後)から47%(終了直前)は、浮遊物質(SS))とともに流出した。一方、ダイアジノンとジメトエートはそれぞれ33~44%および1%とほぼ一定の割合でSSとともに流出した。また、同年9~10月の台風時期にはA1圃場の傾斜を1.15°に調整した圃場(A2)と黒ボク土の圃場(B、5a、傾斜1.15°)ダイコンを播種して地表水の流出頻度を比較した。その結果、灰色低地土では4回、黒ボク土では台風時の降雨によって2回の地表流出が認められた。灰色低地土のA1圃場では平均降雨強度5mm/hr前後以上で、A2圃場では10mm/hr以上の降雨によって、また黒ボク土のB圃場では20mm/hr以上の降雨によって地表水の流出が生じた。さらに、人工降雨装置を用いた屋内小規模地表流出試験系でも灰色低地土からは黒ボク土よりも容易に表流水が発生した。
索引語圃場;流出;土;黒ボク土;水;SS;台風;自然;農薬;宮崎県
引用文献数9
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat