卵成熟過程にある卵丘-卵母細胞複合体におけるCD44の発現

卵成熟過程にある卵丘-卵母細胞複合体におけるCD44の発現

レコードナンバー661583論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20020157NACSIS書誌IDAN10548943
著者名木村 直子
横尾 正樹
今野 祥顕
ほか2名
書誌名Journal of mammalian ova research = 日本哺乳動物卵子学会誌
別誌名日本卵子学会誌
発行元日本哺乳動物卵子学会
巻号,ページ19巻・ 3号, p.121-127(2002-10)ISSN13417738
全文表示PDFファイル (751KB) 
抄録卵丘膨化時のブタ卵丘-卵母細胞複合体(COCs)におけるCD44(ヒアルロン酸主レセプター)の発現動態について、体外成熟培養系を用いてRT-PCR法および免疫染色法により、経時的(0、12、24、36、48時間)に調べた。CD44mRNAの発現は卵丘細胞のみで確認され、培養0時間では非常に弱かったが培養12時間以降明らかに強くなった。CD44は卵丘細胞膜周囲、COCs間結合部に存在し、培養24時間後に最も強く発現した。これらの結果は、卵丘膨化に伴ってCD44の発現が強くなることを示していた。
索引語卵;発現;培養;成熟;卵母細胞;ブタ;酸;動態;免疫;染色
引用文献数40
登録日2011年05月23日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat