飢餓環境下におけるトマト苗のタンパク質発現データの配置情報の特徴

飢餓環境下におけるトマト苗のタンパク質発現データの配置情報の特徴

レコードナンバー661787論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015617NACSIS書誌IDAN00201054
著者名奥島 里美
岩橋 由美子
佐瀬 勘紀
ほか1名
書誌名農業施設
別誌名Journal of the Society of Agricultural Structures, Japan
発行元農業施設学会
巻号,ページ95号, p.43-48(2002-12)ISSN03888517
全文表示
抄録作物が環境から受ける影響の大きさを表す指標を探す試みとして、植物への影響が大きいと考えられる栄養欠乏の影響について植物体たんぱく質の2次元電気泳動を行った。トマト苗を対象とし、播種、双葉展開後本葉が2枚展開するまでの生育初期は施肥栽培した。その後、飢餓期として、1ヶ月間無肥料で栽培した。次に、回復期として2週間再び施肥栽培した。初期、飢餓期、回復期についてそれぞれ、たんぱく質の2次元電気泳動を行い検出されたスポットの点配置パターンおよびスポット数量の分布の特徴を調べた。その結果、スポットの点配置パターンは初期、飢餓期、回復期のいずれの栄養環境でも規則型を示した。しかし、スポット数量は栄養環境の違いで、マップ上の位置によって増減が見られた。分子量方向におけるスポット数量の分布では、飢餓期の尖度が特に大きかった。等電点方向におけるスポット数量の分布では、栄養環境が同じ初期と回復期のほうが栄養環境の異なる初期と飢餓期よりもむしろ相関係数が小さかった。
索引語飢餓;環境;栄養;分布;トマト;苗;電気泳動;施肥;タンパク質;発現
引用文献数8
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat