地上液剤少量散布によるテンサイ褐斑病の防除効果

地上液剤少量散布によるテンサイ褐斑病の防除効果

レコードナンバー661821論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015089NACSIS書誌IDAN00052373
著者名清水 基滋
桃野 寛
池田 幸子
書誌名北日本病害虫研究会報
別誌名Annual report of the Society of Plant Protection of North Japan
北日本病害虫研究会報
発行元北日本病害虫研究会
巻号,ページ53号, p.65-69(2002-11)ISSN0368623X
全文表示
抄録地上液剤少量散布によるテンサイの葉身への薬液付着特性とテンサイ褐斑病の防除効果について検討した。水平面に設置したテンサイの葉身に対する面積当たりの薬液付着量は、慣行の100L/10a散布と比較して、25L/10a少量散布の方が少なかったが、慣行散布と同一の成分投下量となる希釈倍率で換算すると、有効成分の単位面積当たりの付着量は、少量散布の方が多くなると考えられた。一方、圃場で成育中のテンサイに蛍光剤の水溶液を散布し、その付着状況をみると、薬液の付着面積率は下位葉、中位葉および上位葉ともに少量散布の方が慣行散布に比べ少ない傾向にあり、特に上位葉では他の葉位と比べて、慣行散布と少量散布との差が大きかった。しかし、中位葉以下では、散布薬液の濃度を考慮すると、、有効成分の付着量は慣行散布と比較して劣らないと考えられた。さらに、テンサイ褐斑病に対する少量散布の防除効果を、慣行散布で登録のある殺菌剤を用いて検討した結果、供試した2薬剤とも各薬剤の慣行散布と比較してほぼ同等の効果と判断された。
索引語散布;テンサイ;付着;葉;効果;防除;面積;成分;液剤;葉身
引用文献数6
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat