地震時の斜面安定問題を対象とした準静的弾塑性有限要素解析と円弧すべり計算

地震時の斜面安定問題を対象とした準静的弾塑性有限要素解析と円弧すべり計算

レコードナンバー661984論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015250NACSIS書誌IDAN00201203
著者名森 洋
田中 忠次
書誌名農業土木学会論文集
別誌名農土論集
Transactions of the Japanese Society of Irrigation, Drainage and Reclamation Engineering
Transactions of the Agricultural Engineering Society, Japan
発行元農業土木学会
巻号,ページ222号, p.85-92(2002-12)ISSN03872335
全文表示
抄録地震計の斜面安定問題を対象とした震度法による円弧すべり計算の妥当性を、完全塑性体モデルを用いた準静的弾塑性有限要素解析で検討した。単純斜面モデルにおいて、完全塑性体モデルを用いた有限要素解析から得られる限界水平震度や最大せん断ひずみ分布は円弧すべり計算結果と一致する。一方、盛土形状が複雑な斜面モデルに対して震度法を適用するには困難を要するが、有限要素解析を活用すれば実地盤モデルに対しても効果的にすべり破壊面等の検索が可能となる。また、遠心加速度場での傾斜実験で得られた限界水平震度やすべり破壊面は、今回採用した有限要素解析と一致する傾向にあり、準静的耐震評価手法の有効性を示すことができた。
索引語解析;モデル;斜面;塑性;水平;破壊;地震;せん断;ひずみ;分布
引用文献数20
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat