北海道における針葉樹造林木の材質変異および育種に関する基礎的研究

北海道における針葉樹造林木の材質変異および育種に関する基礎的研究

レコードナンバー662101論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00012133NACSIS書誌IDAN10413139
著者名飯塚 和也
書誌名林木育種センター研究報告
別誌名研究報告
Bulletin of the Forest Tree Breeding Institute
発行元林野庁林木育種センター
巻号,ページ18号, p.81-208(2002-03)ISSN09185828
全文表示
抄録本研究は、北海道における主要な針葉構造林木であるグイマツ(母樹)とカラマツ(花粉親)の種間雑種のグイマツ雑種F1(GL)、およびアカエゾマツとトドマツを対象に、精英樹選抜育種事業で選抜されたクローンおよびそれらの家系の成長と材質に関して、諸形質の特徴および変異をしらべたものである。その目的は、建築用材を考慮した材質について、それぞれの樹種の材質変異および材質育種について検討することである。成長形質として樹高と胸高直径、材質形質として容積密度数と動的ヤング係数を主に調査した。さらに、樹種毎の主な形質として、GLで繊維傾斜度、根元曲りおよび幹曲り、トドマツで水食い材率について調査した。成長と材質形質に関するクローン間および家系間の統計的な差異については、分散分析で評価を行った。得られた成果は、以下のように要約できる。
索引語材質;形質;変異;育種;北海道;林木;研究;トドマツ;選抜;クローン
引用文献数213
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat