累積CO2排出原単位を指標とした豆腐製造に係わる環境負荷評価

累積CO2排出原単位を指標とした豆腐製造に係わる環境負荷評価

レコードナンバー662156論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00011887NACSIS書誌IDAN10165252
著者名室山 勝彦
林 卓也
大口 宗範
ほか1名
書誌名環境科学会誌 = Environmental science
別誌名環境科学会誌
発行元環境科学会
巻号,ページ16巻・ 1号, p.25-32(2003-01)ISSN09150048
全文表示
抄録豆腐製造工場における物質フローおよびエネルギーフローに関して累積CO2排出原単位を評価指標としてライフサイクル・インベントリー解析を行い、豆腐製造における累積CO2排出原単位を求めた。さらに、副産物としてのおからの処理として、焼却、資源化法として乾燥飼料化、炭化、コンポスト化、さらに、おからのメタン発酵によってバイオガスを得てさらに燃料電池にバイオガスを通じて発電し工程に還元する場合について、実際の処理工場のデータをもとに、それぞれの処理工程のCO2排出原単位を正確に求め、おからを再資源化処理するそれぞれの場合の累積CO2排出原単位を推定した。その結果、累積CO2排出原単位の増加量は、炭化>焼却>廃熱利用などによる乾燥>コンポスト化、の順に大きいことが分かった。おからには自燃性がなく焼却には重油などの補助燃料が必要で、乾燥と同程度の累積CO2排出源単位の増加となることが分かった。さらに、おから単独、あるいはおからおよび寄せ込み排水の混合メタン発酵処理は燃料電池による発電を適用すれば、工程電力の90%以上をまかなうことができて、累積CO2排出原単位の削減に大きく寄与できることが分かった。
索引語単位;処理;豆腐;乾燥;燃料;指標;評価;工場;炭化;コンポスト
引用文献数18
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat