合鴨による中耕濁水が水田環境ならびに水稲の生育・収量に及ぼす影響

合鴨による中耕濁水が水田環境ならびに水稲の生育・収量に及ぼす影響

レコードナンバー662458論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015525NACSIS書誌IDAN10578820
著者名高山 耕二
中西 良孝
高 秉大
ほか3名
書誌名日本家畜管理学会誌 = Japanese journal of livestock management
別誌名Jpn. J. Livest. Management
家畜管理会誌
日本家畜管理学会誌
発行元日本家畜管理学会
巻号,ページ38巻・ 3号, p.121-130(2002-12)ISSN13421131
全文表示
抄録水田放飼した合鴨による水田灌漑水の中耕濁水が水田環境ならびに水稲の生育・収量に及ぼす影響を明らかにするため、試験水田を合鴨放飼区(以下、合鴨区)と無放飼の対照区に分け、さらに合鴨区内の水稲を50株無作為に金網で囲うことにより中耕濁水区(以下、濁水区)を設け実験した。その結果、試験期間中、灌漑水のpHは対照区に比べ濁水区と合鴨区で変動幅が小さく、pH7.4前後の高い水準で推移し、溶存酸素濃度は合鴨の放飼初期で対照区よりも濁水区と合鴨区で有意に高く(P<0.05)、その後、全区とも水稲の生育が進むのに伴い、急速に減少した。水稲の草丈は合鴨放飼後2週目より濁水区で最も長く、次いで対照区、合鴨区の順となった(P<0.05)。水稲の乾物重量は出穂前の地上部において対照区に比べ濁水区で少なく(P<0.05)、出穂期では濁水区と対照区の間で大差は認められなかった。また、根の乾物重量は出穂前と出穂期とも濁水区と対照区の間で有意差は認められなかった。水稲の葉面積指数は出穂前の濁水区で他の2区に比べ有意に小さく(P<0.05)、出穂期では濁水区と対照区の間で大差はなかった。出穂後の水稲生育については、稈長は合鴨区より濁水区と対照区で有意に長く、穂長は他の2区より濁水区で有意に長かった(P<0.05)。また、第3節間の直径は濁水区と対照区の間で差はなく、合鴨区で有意に長かった(P<0.05)。水稲の倒伏指数は濁水区で最も大きく、合鴨区で最も小さい値を示し、対照区ではその中間であった(P<0.05)。水稲の収量構成要素のうち、1穂穎花数、登熟歩合および千粒重は対照区に比べ濁水区と合鴨区で有意に増加し(P<0.01)、10a当たりの籾収量についても、対照区より濁水区と合鴨区で有意に多かった(P<0.01)。以上の結果から、合鴨による中耕濁水は水稲地上部の縦伸長の生長を促進し、1穂穎花数、登熟歩合、千粒重などの収量構成要素を著しく増加させ、最終的には水稲の精籾収量が増加することが明らかになった。
索引語筋;画像解析;脂肪;面積;受精卵;クローン;枝肉;技術;能力検定;脂肪交雑
引用文献数23
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat