山地河川における河床幅と土砂堆積地の空間分布

山地河川における河床幅と土砂堆積地の空間分布

レコードナンバー670043論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00013929NACSIS書誌IDAN00121352
論文副題天竜川支流山室川下流部の事例
著者名土屋 貞夫
宮崎 敏孝
書誌名信州大学農学部紀要
別誌名Journal of the Faculty of Agriculture, Shinshu University
発行元信州大学農学部
巻号,ページ39巻・ 1-2号, p.13-21(2003-03)ISSN05830621
全文表示PDFファイル (797KB) 
抄録山岳渓流では河床幅の空間分布が出水時水位や土砂滞留現象の制限要因になっている。本論では、河床幅と土砂堆積地の時空間特性を両者の相互位置・土砂堆積量・土砂浸食量から明らかにすることを試みた。河床形状を測量結果と河岸段丘面に成立した天然生同齢林の解析結果から、調査区間の土砂堆積量を算出した。その結果、土砂堆積量は河床幅の周期変動と同期して増減しており、土砂堆積地は河床幅の広い河道拡幅区間に形成され、土砂堆積量も河床幅に依存していた。しかし、出水時に土砂を堆積させる潜在的可能性は、河床幅が急激に縮小する区間で高い傾向が得られた。河床幅が拡幅する区間と縮小する区間では、後者の土砂浸食速度が速い傾向が認められた。河道拡幅区間に形成された土砂堆積地は、下流側から浸食を受け、堆積土砂量を減少させていることが推察された。
索引語土砂;堆積;河床;空間;分布;山地;河川;山岳;水位;要因
引用文献数11
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat