ヤクおよび乳牛バター脂質の構成成分とビタミン類の比較

ヤクおよび乳牛バター脂質の構成成分とビタミン類の比較

レコードナンバー670274論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014790NACSIS書誌IDAA11125739
著者名佐々木 茂文
金 辰保
Neupaney D.
ほか2名
書誌名ミルクサイエンス = Milk science
発行元日本酪農科学会
巻号,ページ52巻・ 1号, p.33-39(2003-03)ISSN13430289
全文表示PDFファイル (617KB) 
抄録海抜5200m付近の高地に棲息している純系のヤクのミルクから作ったバターの脂肪酸組成とビタミンAおよびトコフェロール含量をGLC(気-液ガスクロマトグラフィー)とHPLC(高速液体クロマトグラフィー)で測定し、ウシバターのそれらと比較した。ヤクバターのコレステロール含量と脂質酸化速度は、それぞれGLCと重量測定法によって判定した。ヤクバターは、短鎖の飽和脂肪酸を多く含んでいるので強い匂いを有している。脂質中の構成脂肪酸は多い順に16:0、18:1、14:0、18:0、4:0、8:0であった。また、レチノール量は脂肪100g中に402.3μgであった。ウシバターのγ-トコフェロール量は、ヤクバターよりも多く、脂肪100g中に440μgであるが、α-トコフェロール量は、ウシバター(1.9mg/100g脂肪)よりもヤクバター(2.6mg/100g脂肪)の方が多かった。βとδ-トコフェロールはヤクおよびウシバター中にほとんど検出できなかった。ヤクバター中のコレステロール量(325mg/100g脂肪)は、ウシのそれ(223mg/100g脂肪)よりも多かった。ウシバター脂質の酸化は、ヤクのそれに対して速くしかもその度合いは高い。極性脂質含量はウシに比べてヤクバターの方が多かった。
索引語バター;ウシ;脂肪;脂質;クロマトグラフィー;コレステロール;酸化;脂肪酸;乳牛;成分
引用文献数24
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat