山岳自然公園におけるROS概念を用いた地域区分手法

山岳自然公園におけるROS概念を用いた地域区分手法

レコードナンバー670299論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015842NACSIS書誌IDAN00198561
著者名八巻 一成
広田 純一
小野 理
ほか3名
書誌名日本林學會誌 = Journal of the Japanese Forestry Society
別誌名日本林学会誌
発行元日本林學會
巻号,ページ85巻・ 1号, p.55-62(2003-02)ISSN0021485X
全文表示PDFファイル (1230KB) 
抄録山岳自然公園地域の自然らしさを維持し、秩序ある利用を図るためには、地域ごとにレクリエーション空間としてのあり方を明確にし、それに沿って施設整備、空間管理を行うことが求められる。本研究では、利用者のレクリエーション体験を考慮した計画概念であるROS(Recreation Opportunity Spectrum)の、わが国の自然公園利用計画への適用可能性を検討するために、大雪山国立公園を対象としてROSによる地域区分を試みた。まず利用者に対するアンケート調査を行い、施設整傭水準やアクセスなどに対する嗜好性が異なる四つのグループに分類した。つぎにこの分類結果をもとに、人為性が高く施設整備が進んでいる、利用者が多いなどの特徴のある空間から、自然性が高く施設整備水準が低い、利用者が少ないなどの特徴のある空間まで、空間状況に応じて地域を四つに区分することによって対象地域の現況把握を行った。以上のROSによる現況把握をもとに利用計画の検討を行えば、利用者の視点を加味した客観的かつ合理的な自然公園計画の策定が可能となると考えられた。
索引語地域;空間;施設;計画;利用;性;山岳;自然;水準;分類
引用文献数29
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat