ブチルスズ化合物による宇和海沿岸堆積物および養殖魚介類の汚染

ブチルスズ化合物による宇和海沿岸堆積物および養殖魚介類の汚染

レコードナンバー670377論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20005660NACSIS書誌IDAN00193422
著者名酒井 大樹
笠井 梨恵
高橋 真
ほか1名
書誌名日本水産學會誌
別誌名Nippon suisan gakkaishi
NSUGAF
日本水産学会誌
発行元日本水産學會
巻号,ページ69巻・ 1号, p.10-22(2003-01)ISSN00215392
全文表示
抄録宇和海沿岸で採取した表層堆積物、堆積物コアおよび養殖魚介類のブチルスズ化合物濃度を測定した。表層堆積物のTBT濃度は2.8~930ng/g(乾重当り)であり、都市域の東京湾、大阪湾、洞海湾などと同程度の汚染レベルであった。魚類養殖海域における表層堆積物の総ブチルスズ化合物濃度(MBT+DBT+TBT)は、アコヤガイ養殖海域の濃度より有意に高値であった。堆積物コアのブチルスズ化合物濃度は表層で最も高く、下層に向けて減少する傾向を示した。養殖魚介類中のTBT残留濃度は、厚生省の定めた暫定ADI値より算出した許容濃度を下回っていたが、周辺生態系を保全するための汚染低減策が必要と考えられた。
索引語濃度;堆積;化合物;養殖;汚染;沿岸;海域;魚類養殖;アコヤガイ;残留
引用文献数61
登録日2011年07月26日
収録データベースJASI

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat