異なる環境浸透圧で飼育したカマキリCottus kazikaの成長と生残率

異なる環境浸透圧で飼育したカマキリCottus kazikaの成長と生残率

レコードナンバー670382論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20005660NACSIS書誌IDAN00193422
著者名岩谷 芳自
渡 智美
井上 広滋
ほか1名
書誌名日本水産學會誌
別誌名Nippon suisan gakkaishi
NSUGAF
日本水産学会誌
発行元日本水産學會
巻号,ページ69巻・ 1号, p.52-56(2003-01)ISSN00215392
全文表示
抄録0才および1才魚のカマキリを海水、1/3海水および淡水で飼育し、生残率と成長を比較した。0才魚の生残率は、海水飼育群が50日後までに約60%に減少したが、110日後には淡水飼育群とほぼ同じになった。また1/3海水飼育群では海水飼育群より高かった。1才魚の生残率は海水および淡水飼育群で差がなかった。成長は、0才および1才魚とも淡水より海水飼育群の方が良かったが、0才魚において海水および1/3海水飼育群で差がなかった。従って、カマキリは海水または希釈海水飼育により、養殖効率が向上すると考えられた。
索引語海水;飼育;淡水;環境;浸透圧;養殖;効率;残;カマキリ;成長
引用文献数21
登録日2011年12月08日
収録データベースJASI

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat