日本の主要な漁港におけるサメ類の種別水揚げ量の推定

日本の主要な漁港におけるサメ類の種別水揚げ量の推定

レコードナンバー670391論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20005660NACSIS書誌IDAN00193422
著者名松永 浩昌
中野 秀樹
石橋 陽一郎
ほか1名
書誌名日本水産學會誌
別誌名日本水産学会誌
NSUGAF
Nippon suisan gakkaishi
発行元日本水産學會
巻号,ページ69巻・ 2号, p.178-184(2003-03)ISSN00215392
全文表示
抄録日本におけるサメ類の種別・漁法別水揚量を明らかにする目的で、主要な漁港で市場伝票整理に基づくサメ類の水揚量調査を行なった。製品重量では1992~98年の漁法全体で年平均19600トン、延縄で15000トンの内、ヨシキリザメが11600トン(59%)、11000トン(73%)であった。更に生体重量に換算した結果、全漁法で年平均28700トン、延縄23400トンとなり、同様にヨシキリザメが18800トン(66%)、17800トン(76%)であり、何れの場合も6~8割程度がヨシキリザメで占められていた。ヨシキリザメ以外ではネズミザメ、アオザメが10%前後、オナガザメ類が5%程度と、比較的多く水揚されていた。また、これら主要種の水揚量が減少しているような傾向は見られなかった。
索引語サメ類;漁法;日本;年;延縄;推定;市場;調査;生体;種
引用文献数15
登録日2011年07月26日
収録データベースJASI

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat