患者シーツ交換における空気中浮遊粒子と浮遊細菌の関係

患者シーツ交換における空気中浮遊粒子と浮遊細菌の関係

レコードナンバー670421論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00012062NACSIS書誌IDAN00224774
著者名浅野 美礼
近藤 未緒
遠藤 美代子
ほか2名
書誌名防菌防黴 = Journal of antibacterial and antifungal agents
別誌名Bokin-bobai-shi
Bokin bobai
防菌防黴
J.Antibact.Antifung.Agents
日本防菌防黴学会誌
発行元防菌防黴研究会
巻号,ページ31巻・ 3号, p.123-132(2003-03)ISSN03855201
全文表示
抄録この研究は同じ回廊にある臨床個室病室の2名の患者から得た2例ずつのデータを分析しシーツ交換のときに空気が微粒子と細菌によってどれだけ汚染されているのか、それらの間に相関があるのかを調べている。浮遊細菌はM Air T(TM)で、微粒子はRION製KR-12で捕集した。シーツ交換中は微粒子数-微生物数に有意な相関がなかったのに対してシーツ交換後は相関が見られた。一方、細菌濃度=微粒子数に対する細菌数はシーツ交換中にはある水準を維持していたのに対しシーツ交換後は減少傾向だった。一患者について2回の細菌濃度には有意な差が見られなかったが、二人の患者の間では差が見られた。
索引語細菌;浮遊;相関;濃度;粒子;研究;臨床;データ;空気;微生物
引用文献数14
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat