多摩丘陵の多摩川流域における谷戸の魚類相の現状報告

多摩丘陵の多摩川流域における谷戸の魚類相の現状報告

レコードナンバー670461論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00013978NACSIS書誌IDAN00239079
著者名伊奈 博彦
小林 彰
樋口 広大
ほか5名
書誌名明治大学農学部研究報告 = Bulletin of the Faculty of Agriculture, Meiji University
別誌名明大農研報
Bulletin of School of Agriculture, Meiji University
発行元明治大学農学部
巻号,ページ133号, p.19-24(2003-03)ISSN04656083
全文表示PDFファイル (249KB) 
抄録本研究は開発の進む多摩丘陵において、多摩川流域の谷戸に生息する魚類相の現状を把握し、各魚類を保全するための基礎的な知見を得るために、魚類相の生息調査を行った。25000分の1の地形図を用いて調査範囲内の全ての谷戸(24箇所)を選定し、2002年の6月13日から8月30日に現地調査をした。ホトケドジョウ(絶滅危惧IB類)、ドジョウ、モツゴ、アブラハヤ、ギンブナ、トウヨシノボリの2目3科6種の魚類の生息が確認できた。これらの魚類を保全するためには、谷戸そのものを保全していく必要があると考えられる。
索引語魚類;調査;丘陵;流域;研究;開発;現地;目;種;戸
引用文献数12
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat