えそ斑点病抵抗性台木用メロン新品種「空知台交3号」の育成

えそ斑点病抵抗性台木用メロン新品種「空知台交3号」の育成

レコードナンバー670582論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014227NACSIS書誌IDAN00231270
著者名平井 剛
中住 晴彦
八木 亮治
ほか3名
書誌名北海道立農業試験場集報
別誌名北海道立農試集報
道農試集報
Bulletin of Hokkaido Prefectural Agricultural Experiment Stations
Bulletin of Hokkaido Prefectural Agricultural Experiment Station
Bulletin of the Hokkaido Prefectural Agricultural Experiment Station
発行元北海道立農業試験場
巻号,ページ84号, p.47-54(2003-03)ISSN04410807
全文表示PDFファイル (989KB) 
抄録台木用メロン品種「空知台交3号」は、えそ斑点病抵抗性台木品種育成を目的として花・野菜技術センターで育成された単交配一代雑種品種である。種子親はえそ斑点病抵抗性を有する導入品種「Perlita」、花粉親は「久留米2号」×「PMR 5」の交配により得られた基礎集団から選抜されたえそ斑点病抵抗性系統「HM-3」である。2002年に北海道優良品種に認定された。えそ斑点病およびつる割病(レース0、レース2)に対する真性抵抗性を有し、えそ斑点病発生圃場において台木として利用できる。胚軸の太さは「金剛1号」と「どうだい2号」の中間程度で、接ぎ木作業性および穂木との親和性に問題はない。台木として用いた場合、えそ斑点病未発生圃場においても、穂木における両性花の着生および着果ならびに着果期以降の草勢は自根栽培と同等かやや優る。果実品種および収量は、えそ斑点病の発生圃場、未発生圃場いずれにおいても、未発生圃場における自根栽培と遜色ない。普及対象地域は、全道のメロン栽培地域のうち、えそ斑点病の発生が確認された圃場および発生の恐れがある圃場とする。
索引語斑点病;発生;圃場;品種;抵抗性;台木;メロン;育成;栽培;花
引用文献数15
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat