産業用無人ヘリコプタを用いた農地情報のリモートセンシングシステム(1)

産業用無人ヘリコプタを用いた農地情報のリモートセンシングシステム(1)

レコードナンバー670645論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015065NACSIS書誌IDAN00200470
論文副題ほ場空間データのGISマッピング
著者名杉浦 綾
野口 伸
石井 一暢
ほか1名
書誌名農業機械學會誌
別誌名Journal of the Japanese Society of Agricultural Machinery
農業機械学会誌
Journal of the Society of Agricultural Machinery
Journal of the Society of Agricultural Machinery, Japan
発行元農業機械學會
巻号,ページ65巻・ 1号, p.53-61(2003-01)ISSN02852543
全文表示
抄録本研究の目標は、無人ヘリコプタに搭載されたマシンビジョンやレーザー測距器などのセンサから収集・抽出された作物情報を地理情報システム(Geographic Information System;GIS)を用いてマッピングできるシステムの開発にある。本研究で用いたヘリコプタには慣性航法センサ及び地磁気方位センサ(Geomagnetic direction sennsor;GDS)が搭載されており、機体のロール角、ピッチ角および絶対方位が計測できる。さらに、ポジショニングセンサとしてRTK-GPSを採用し、絶対座標の計測が可能である。本報ではヘリコプタにイメージングセンサを装備したが、センサによっては画像を取得する場合、機体姿勢によって画像に外部歪が生じる。その歪みを取り除くために画像座標系を絶対座標系へ変換する必要があり、精度の高いマッピングにはヘリコプタの姿勢角センサの精度向上が不可欠である。本報はGDSと姿勢角センサのバイアス同定法を考案し座標変換精度の向上を目指した。高度30mから70mの範囲で撮影した画像を最大誤差で41cmの精度で絶対座標系に変換できた。
索引語角;画像;精度;情報;システム;研究;方位;農地;リモートセンシング;空間
引用文献数15
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat