葉面散布処理および土壌施用資材がコマツナの体内硝酸濃度に及ぼす影響

葉面散布処理および土壌施用資材がコマツナの体内硝酸濃度に及ぼす影響

レコードナンバー670867論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20007678NACSIS書誌IDAA11691179
著者名永井 耕介
牧 浩之
小河 甲
書誌名近畿中国四国農業研究 = Kinki Chugoku Shikoku agricultural research
発行元近畿中国四国農業研究協議会
巻号,ページ2号, p.3-6(2003-03)ISSN13476238
全文表示
抄録葉面散布処理及び土壌施用資材がコマツナの硝酸濃度に及ぼす影響を検討した。1.葉柄部の硝酸濃度は供試した溶液濃度の散布処理では無散布区に比べて、ST剤、BS剤、モリブデン酸ナトリウム区で低くなった。ST剤区では約40%の低下がみられた。葉身部の硝酸濃度はST剤区で特に低くなり、約50%低下した。2.ST剤の葉面散布の処理濃度により、硝酸濃度の低減効果に多少差がみられた。葉柄部、葉身部、地上部全体ともに硝酸濃度は供試した全ての散布濃度区において、水散布区よりも低下した。3.ST材、BK材を土壌施用に供試したが、両資材ともに硝酸低減効果が認められた。ST材では葉柄部、葉身部、地上部全体ともに施用量の増加にともない硝酸濃度は高くなる傾向にあり、地上部全体の硝酸濃度は無施用区に比べて平均値で30㎏/10a施用区が約80%減、300㎏/10a施用区が約40%の減少であった。BK材では施用量による差は認められず、地上部全体の硝酸濃度は約40%の滅少であった。
索引語濃度;硝酸;施用;処理;散布;葉面散布;土壌;資材;葉身;効果
引用文献数13
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat