水稲新系統「コシヒカリ富山BL」の育成と有効活用(2)

水稲新系統「コシヒカリ富山BL」の育成と有効活用(2)

レコードナンバー670907論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00009235NACSIS書誌IDAN10055822
論文副題BL系統の混合栽培におけるいもち病抑制効果
著者名小島 洋一朗
蛯谷 武志
金田 宏
ほか7名
書誌名富山県農業技術センター研究報告
別誌名Bulletin of the Toyama Agricultural Research Center
Bull.Toyama.Agric.Res.Ctr.
富山県農技セ研報
発行元富山県農業技術センター
巻号,ページ20号, p.33-40(2003-03)ISSN0913915X
全文表示PDFファイル (1182KB) 
抄録「コシヒカリ富山BL」を栽培することにより、農薬の使用量を減らすことができるので、農家にとっては費用と労力の軽減、さらには環境に優しい農業が展開でき、また、消費者に対しては美味しく、より一層安全かつ安心な米を提供できるようになる。さらに、いもち病抵抗性以外の形質はコシヒカリとなんら変わりはないので、これまで培われてきたコシヒカリの栽培技術をそのまま実施することが可能である。今後、「コシヒカリ富山BL」の特性を十分に生かした栽培法を確立することにより、コシヒカリが秘めている品質や食味の力をさらに高め、特色のある付加価値の高い米の生産販売が展開できるものと考えられる。
索引語栽培;系統;いもち病;水稲;育成;混合;抑制;効果;農薬;農家
引用文献数16
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat