韓国における農産物電子商取引の現状と発展方向

韓国における農産物電子商取引の現状と発展方向

レコードナンバー670940論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014186NACSIS書誌IDAN10481161
著者名李 ちよる煕
沈根燮
書誌名農業情報研究
別誌名Agricultural information research
農業情報利用研究会誌
発行元農業情報利用研究会
巻号,ページ12巻・ 1号, p.45-54(2003-04)ISSN09169482
全文表示PDFファイル (1158KB) 
抄録韓国において電子商取引は、急速に拡大しており、特に農産物の流通構造の改善手段として政策的に推進されているし、新しいビジネス・モデルも登場している。農産物を電子商取引(B2C)する場合、卸売市場経由の慣行的取引よりも流通経路が短縮され、農家受け取り価格は20%程度高く、消費者価格は17%程度安くなるが、オンライン上での決済によるクレジットカードの手数料が新しい負担となっている。一方、大量取引(B2B)を促進するため、産地と卸売市場、物流センター間のEDIの導入も政策的に進められている。また、電子市場の構築を可能にするe-marketp1aceを通じたB2Bも伸びている。電子商取引は、個人農家、農事組合法人、作目班、村単位で推進する形態など多様なモデルがそれぞれの特性を生かして開発されている。最近は、情報化モデル村を中心とする電子商取引も導入されている。しかし、そのような電子商取引が今後とも伸びて行くためには、安定的な配送のための流通体系の構築、規格化、多様な商品開発、物流費用の節減モデルの開発などが重要である。
索引語電子;モデル;農産物;流通;開発;韓国;政策;取引;農家;価格
引用文献数17
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat