イヌビエ(Echinochloa crus-galli(L.)Beauv.)とメヒシバ(Digitaria adscendens(H.B.K.)Henr.)の発芽に及ぼす光と温度の影響

イヌビエ(Echinochloa crus-galli(L.)Beauv.)とメヒシバ(Digitaria adscendens(H.B.K.)Henr.)の発芽に及ぼす光と温度の影響

レコードナンバー671011論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014871NACSIS書誌IDAN00194108
著者名池田 堅太郎
後藤 貴文
飛佐 学
ほか2名
書誌名日本草地学会誌
別誌名日本草地学会誌
Japanese journal of grassland science
Glassland science
Journal of Japanese Society of Grassland Sciences
Journal of Japanese Society of Grassland Science
発行元日本草地学会
巻号,ページ49巻・ 1号, p.28-32(2003-04)ISSN04475933
全文表示PDFファイル (635KB) 
抄録イヌビエ(Echinochloa crus-galli(L.)Beauv.)とメヒシバ(Digitaria adscendens(H.B.K.)Henr.)の休眠覚醒処理をした種子の発芽に及ぼす温度と光の影響およびその相互作用について調査した。2草種の発芽には光が促進的に働き、その影響は発芽適温よりも低温度条件下で大きかった。また1日10分という短時間の自然光の照射でさえ2草種の発芽を大きく促進させた。変温は2草種の発芽に促進的に働いたが、その影響が現れるには、ある一定の変温幅が必要であった。しかしながら適温あるいは変温といった2草種の発芽に好適な温度条件下では光がほとんどなくとも発芽は見られ、逆に光が十分あれば低温あるいは恒温条件下でも発芽した。これらのことから光や変温は2草種の発芽を促進させるが、発芽に本質的に必要な条件ではなく、発芽が不適な条件に置かれた場合、補償的に働いていると考えられる。
索引語発芽;光;草;種;条件;温度;促進;イヌビエ;休眠;覚醒
引用文献数20
登録日2011年12月19日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat