沖縄の国営かんがい排水事業の現況

沖縄の国営かんがい排水事業の現況

レコードナンバー671085論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014130NACSIS書誌IDAN0020119X
著者名高橋 進
書誌名農業土木学会誌 = Journal of the Agricultural Engineering Society, Japan
別誌名Journal of the Japanese Society of Irrigation Drainage and Reclamation Engineering
農業土木学会誌
水土の知 : 農業土木学会誌
発行元農業土木学会
巻号,ページ71巻・ 5号, p.407-410(2003-05)ISSN03695123
全文表示
抄録平成14年5月に本土復帰30周年を迎えた沖縄の国営かんがい排水事業は、宮良川地区、名蔵川地区および宮古地区においては事業完了し、所期の効果を発揮しているところである。また、羽地大川地区、沖縄本島南部地区、および伊是名地区においては鋭意事業実施中であり、早期の事業効果発現が望まれるところである。これら完了地区および実施地区の事業概要並びに農業用水施設が未整備の地域において実施されている調査地区を報告し、沖縄の国営かんがい排水事業についての理解の一助となることを期待する。
索引語事業;かんがい;排水;効果;羽;発現;農業;用水;施設;地域
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat