免疫クロマト法を原理とした犬糸状虫成虫抗原検出キットの評価

免疫クロマト法を原理とした犬糸状虫成虫抗原検出キットの評価

レコードナンバー671133論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014801NACSIS書誌IDAN00191857
著者名鬼頭 克也
村松 昌武
五井 利恵子
ほか4名
書誌名日本獣医師会雑誌 = Journal of the Japan Veterinary Medical Association
発行元日本獸医師会
巻号,ページ56巻・ 1号, p.28-31(2003-01)ISSN04466454
全文表示PDFファイル (374KB) 
抄録新しく開発された免疫クロマトグラフ法を原理とする犬糸状虫成虫抗原検出キット(免疫クロマトキット)の検出能および信頼性を、2種類の従来製品(対照キットAおよびB)と比較した。免疫クロマトキットの検出能は3キットの中で最も高かった。信頼性は、犬糸状虫寄生犬を陽性に判定した率(感度)と非寄生犬を陰性に判定した率(特異性)で評価した。感度は末梢血ミクロフィラリア(mf)陽性の40例では免疫クロマトキットが100%、対照キットAとBはともに97.5%であった。mf陰性の12例では各キットとも58.3%であった。特異性はいずれのキットも100%(33例)であった。免疫クロマトキットは検出能が高く、感度および特異性は従来製品と同等であった。
索引語免疫;検出;糸;成虫;抗原;評価;寄生;キット;犬;クロマトキット
引用文献数15
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat