日本産ヤマネコの保護と自然環境

日本産ヤマネコの保護と自然環境

レコードナンバー671273論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014298NACSIS書誌IDAN00040603
著者名阿久沢 正夫
書誌名鹿兒島大學農學部學術報告
別誌名Bulletin of the Faculty of Agriculture, Kagoshima University
鹿児島大学農学部学術報告
学術報告
発行元鹿児島大學農學部
巻号,ページ53号, p.43-49(2003-03)ISSN04530845
全文表示PDFファイル (711KB) 
抄録イリオモテヤマネコとツシマヤマネコは、沖縄県の西表島および長崎県の対馬だけに生息するヤマネコで、世界的な希少動物である。イリオモテヤマネコは国の特別天然記念物に、またツシマヤマネコは天然記念物に指定され、いずれもわが国の貴重種動物になっている。現在の推定生息数はイリオモテヤマネコが80-100頭、ツシマヤマネコが70-80頭と考えられている。どちらも環境省により絶滅危惧種に指定されているが、特にツシマヤマネコは絶滅のおそれが大きいとされている。本稿ではヤマネコが減少する原因について考察する。
索引語動物;種;沖縄県;長崎県;推定;ツシマヤマネコ;ヤマネコ;イリオモテヤマネコ;生息;天然記念物
引用文献数20
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat