在来‘河内赤かぶ’の根こぶ病抵抗性付与による新品種育成

在来‘河内赤かぶ’の根こぶ病抵抗性付与による新品種育成

レコードナンバー671367論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00011864NACSIS書誌IDAN10443402
著者名斎藤 稔
野村 幸雄
石川 武之甫
書誌名福井県農業試験場研究報告
別誌名Bulletin of the Fukui Agricultural Experiment Station
福井農試研究報告
発行元福井県農業試験場
巻号,ページ40号, p.9-14(2003-03)ISSN13412345
全文表示PDFファイル (787KB) 
抄録本県特産のカブ‘河内赤かぶ’と根こぶ病抵抗性カブ‘77b’とのF1系統を、‘河内赤かぶ’に戻し交雑することによって、根こぶ病に強い‘河内赤かぶ1号’を育成した。根こぶ病抵抗性の幼苗検定や、春化処理による年2回採種を実施し、育種年限の短縮を図った。育成系統の外観は、在来系統の‘河内赤かぶ’によく似ており、収穫期も同じである。根こぶ病抵抗性は、在来系統の罹病株から採取した根こぶ病菌に対し、強い抵抗性を示した。漬物にした食味は、外観、食感とも優れ、総合評価は在来系統以上である。育成品種は固定種であり、近縁種から隔離して自家採種が可能である。
索引語根こぶ病;抵抗性;新品種;育成;カブ;F1;系統;苗;検定;春化
引用文献数8
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat