不耕起乾田直播栽培の導入による水管理と水田用水量の変化

不耕起乾田直播栽培の導入による水管理と水田用水量の変化

レコードナンバー671473論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015250NACSIS書誌IDAN00201203
著者名千家 正照
伊藤 健吾
李 尚奉
ほか1名
書誌名農業土木学会論文集
別誌名農土論集
Transactions of the Japanese Society of Irrigation, Drainage and Reclamation Engineering
Transactions of the Agricultural Engineering Society, Japan
発行元農業土木学会
巻号,ページ224号, p.45-52(2003-04)ISSN03872335
全文表示
抄録乾田直播(乾直)栽培の導入が水田用水量に与える影響を調べるために、湛水移植(移植)水田と乾直水田1筆ずつを対象として3年間にわたって水収支調査を行った。その結果、移植水田の初期用水量は営農組合の大規模営農体系から生じる代かき・田植え作業のタイムラグによって大きく変化し、乾直水田の初期用水量は浸透強度に影響されることが明らかになった。一方、乾直の普通期用水量は移植の約2倍の値を示した。これは、代かきを行わない乾直水田では耕盤層のち密性が弱まり、蒸発散浸透量が増加したことに起因している。また、乾直水田の蒸発散浸透量が大きいことは、湛水深の変動を大きくし降雨有効化率や栽培管理用水量を変化させる要因となっていた。
索引語栽培;導入;水管理;水田;水量;湛水;移植;わた;水収支;調査
引用文献数6
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat