岩手県南地方における黒毛和種集団の産肉性形質に関する統計遺伝学的解析

岩手県南地方における黒毛和種集団の産肉性形質に関する統計遺伝学的解析

レコードナンバー671516論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20005663NACSIS書誌IDAN00195188
著者名川田 啓介
兼松 重任
黒澤 弥悦
ほか2名
書誌名日本畜産學會報 = The Japanese journal of zootechnical science
別誌名日本畜産学会報
日本畜産学会報
Nihon chikusan gakkaiho
Animal science journal
Animal science and technology
発行元Zootechnical Science Society of Japan
巻号,ページ74巻・ 2号, p.187-193(2003-05)ISSN1346907X
全文表示
抄録岩手県南地方における黒毛和種集団の育種の妥当性を検証するため岩手県前沢町から出荷された黒毛和種肥育牛3467頭のフィールド記録を用いて、産肉性形質に関する遺伝的パラメータ、育種価および遺伝的趨勢を推定した。産肉性形質に与える有意な環境要因の影響では、BMSの最良線形不偏推定量が年を経るごとに減少することが注目された。産肉性形質の遺伝率はBMS0.66、DG0.51、枝肉重量0.64、ロース芯面積0.36、バラ厚0.25、皮下脂肪厚0.33といずれも中程度から高めであった。BMSとその他の産肉性形質の間の遺伝相関はDG0.1、枝肉重量0.18、ロース芯面積0.48、バラ厚0.37、皮下脂肪厚-0.24であった。遺伝的趨勢を見ると1991年を境としてBMSと皮下脂肪厚を重視した改良が進められ、枝肉重量は考慮されていない様子がうかがえた。一方、同年を境に同町産の肥育牛の肉質等級は年々低下する傾向にあるが、この原因は改良以外の要因にあると推察された。
索引語岩手県;種;集団;産肉性;形質;統計;解析;育種;肥育;パラメータ
引用文献数18
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat