住環境由来真菌の建築資材等基質への付着および初期発育

住環境由来真菌の建築資材等基質への付着および初期発育

レコードナンバー671691論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00012062NACSIS書誌IDAN00224774
著者名土肥 友恵
田中 辰明
李 憲俊
ほか2名
書誌名防菌防黴 = Journal of antibacterial and antifungal agents
別誌名Bokin-bobai-shi
Bokin bobai
防菌防黴
J.Antibact.Antifung.Agents
日本防菌防黴学会誌
発行元防菌防黴研究会
巻号,ページ31巻・ 6号, p.319-322(2003-06)ISSN03855201
全文表示
抄録住環境由来真菌の建築資材等基質への付着および初期発育に対する相対湿度の影響を検討した。真菌の塩化ビニル板への付着性を調べたところ、付着数の平均は、A.nigerは29.5/mm2、C.sphaerospermumは16.8/mm2であり、対照としたスライドガラスに比べて多かった。胞子付着後の試料を25℃、84%RHに置いたところ、A.nigerは発芽はみられなかったが、C.sphaerospermumは4週間後に32.8%の発芽率であった。C.sphaerospermumはA.nigerと比較して、低い相対湿度でも発芽が可能であり、これは住環境でC.sphaerospermumによる汚染が多くみられることと関係があると考えられる。
索引語環境;建築;資材;付着;発育;湿度;板;性;ガラス;胞子
引用文献数8
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat