強日射条件下での培地の乾燥がトルコギキョウの葉温上昇とロゼット化に及ぼす影響

強日射条件下での培地の乾燥がトルコギキョウの葉温上昇とロゼット化に及ぼす影響

レコードナンバー672244論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20004168NACSIS書誌IDAA11608561
著者名竹崎 あかね
吉田 裕一
藤井 寛也
ほか2名
書誌名園芸学研究
別誌名Horticultural research (Japan)
発行元園芸学会
巻号,ページ2巻・ 2号, p.89-92(2003-06)ISSN13472658
全文表示PDFファイル (523KB) 
抄録培地の乾燥処理にともなうトルコギキョウ(Eustoma grandiflorum(Raf.)Shinn.‘つくしの雪’)のロゼット化と日中の葉温上昇との関係について検討した。高温条件下(27-33℃)におけるロゼット株率は、土壌含水率を常に40%以上に保った対照区では0%となったのに対して、土壌含水率25%をかん水点として9週間管理した乾燥区では70%と高い値を示した。また、より高い温度条件下(29-35℃)ではわずか1週間の乾燥処理でもロゼット株率が高くなった。対照区の葉温と培地温は気温(30℃)とほぼ同じであったが、強日射時には乾燥区の葉温と培地温は約45℃に達した。以上の結果から、培地の乾燥によって生じる水ストレスは、強日射条件下で高温感応部位を含む植物体温を高めることによって高温条件下におけるトルコギキョウのロゼット化を助長するものと考えられた。
索引語乾燥;条件;葉温;日射;培地;トルコギキョウ;高温;処理;土壌;含水率
引用文献数6
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat