画像処理によるムギ類茎葉の地表面遮光能力の評価

画像処理によるムギ類茎葉の地表面遮光能力の評価

レコードナンバー672948論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00014186NACSIS書誌IDAN10481161
著者名中野 和弘
荒木 肇
福山 利範
ほか1名
書誌名農業情報研究
別誌名Agricultural information research
農業情報利用研究会誌
発行元農業情報利用研究会
巻号,ページ12巻・ 2号, p.105-112(2003-06)ISSN09169482
全文表示PDFファイル (810KB) 
抄録ムギ類のリビングマルチによる雑草抑制の可能性を調査した。コムギとオオムギの茎葉により地表面での遮光率と被覆率を測定した。リビングマルチとして販売されている緑肥用コムギ(マルチムギ)の7月播種では、播種密度3.2kg/10a以上で播種当初から分げつ数と草丈が大きくなり、遮光率も50%以上の高い値を示した。播種密度3.2kg/10aで5月に播種されたオオムギの分げつ数と草丈は品種間で大きく異なった。マルチムギの遮光率が播種後28日で37.5%であったのに対し、オオムギではそれより大きい品種が多数存在し、特にK027は遮光率74.2%を示した。供試したムギ類をビデオ撮影し、それを画像処理することで地表面被覆率を算出した。マルチムギの地表面被覆率が34.5%であったのに対し、オオムギのそれは25~60%と品種により大きく異なった。地表面被覆率は、分げつ数、草丈、地上部乾物重の地上部生長量を示す形質との間で相関が認められた。遮光率は地表面被覆率との間に高い相関関係(r=0.833)があるものの、地上部乾物重との相関は認められなかった。本研究によりK001、K069、およびK027がリビングマルチの資材として有望であると考えられた。
索引語遮光;播種;被覆;オオムギ;ムギ類;マルチ;草;品種;画像;処理
引用文献数15
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat