有機塩素系共力剤S-421の魚介類汚染

有機塩素系共力剤S-421の魚介類汚染

レコードナンバー673032論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00009680NACSIS書誌IDAN00117741
著者名吉田 精作
田口 修三
田中 之雄
ほか1名
書誌名食品衛生学雑誌
別誌名Journal of the Food Hygienic Society of Japan
Food hygiene and safety science
J. Food Hyg. Soc. Jpn.
Food Hyg. Saf. Sci.
食衛誌
Shokuhin eiseigaku zasshi
発行元[日本食品衛生学会]
巻号,ページ44巻・ 3号, p.175-179(2003-06)ISSN00156426
全文表示PDFファイル (419KB) 
抄録家庭用殺虫剤スプレーやシロアリ防除剤に使用されている有機塩素系共力剤S-421の魚介類中濃度を調査した。S-421は魚介類からアセトン・ヘキサンで抽出し、シリカゲル40で精製後、ECD-GCで定量した。国産魚介類44検体からは、検出率82%、濃度範囲<0.2~2.3ng/g、中央値0.5ng/g、平均値0.6ng/gで検出された。15か国から輸入された魚介類43検体からは、検出率63%、濃度範囲<0.2~1.0ng/g、中央値0.2ng/g、平均値0.2ng/gで検出され、地球規模の汚染が進行していることが示唆された。魚介類中S-421濃度はHCHs濃度と同レベルで、DDTs濃度より1桁低かった。変異原性を有し、環境中で安定で蓄積性のあるS-421の汚染状況調査がさらに必要である。
索引語濃度;検出;汚染;塩素;調査;殺虫剤;防除;地球;規模;変異原性
引用文献数8
登録日2011年12月19日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat