粘着テープを利用した簡易切片化による米飯粒の組織構造観察法

粘着テープを利用した簡易切片化による米飯粒の組織構造観察法

レコードナンバー673045論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00012295NACSIS書誌IDAN10467499
著者名小川 幸春
Wood D.F.
Orts W.J.
ほか4名
書誌名日本食品科学工学会誌
別誌名日本食品科学工学会誌
発行元日本食品科学工学会
巻号,ページ50巻・ 7号, p.319-323(2003-07)ISSN1341027X
全文表示
抄録米飯粒の組織構造観察のための特殊粘着テープを利用した簡易切片化法を開発し、得られた組織切片を顕微鏡観察した。(1)アルコール上昇系の脱水置換によって試料をパラフィン包埋し、パラフィンの薄片も含めた米粒の組織切片を粘着テープ上に回収した。回収された切片は粘着テープごとキシレンに浸漬してパラフィンを溶解し、顕微鏡観察が可能となるようスライドガラス上に設置した。(2)走査型電子顕微鏡を利用した組織切片の表面状態観察により、顕微鏡観察に耐え得る組織切片が作成されたことを確認した。また、炊飯による組織変化が変形や亀裂といった大きな変化だけでなく、細胞レベルでも生じていることが確認された。(3)細胞壁の自家蛍光特性を利用して、米飯粒の細胞壁損傷を観察した。その結果、細胞壁の損傷は米飯粒外縁部に生じる傾向のあることが推測された。
索引語組織;観察;粒;顕微鏡;パラフィン;細胞壁;構造;損傷;アルコール;脱水
引用文献数13
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat