ヒゴイCyprinus carpio L.餌料としての焼酎蒸留廃液(SDBP)の有用性

ヒゴイCyprinus carpio L.餌料としての焼酎蒸留廃液(SDBP)の有用性

レコードナンバー673175論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00008678NACSIS書誌IDAN00124667
著者名山崎 繁久
尾上 義夫
Mokolensang J.F.
書誌名水産増殖 = The aquiculture
別誌名Aquacult. Sci.
Aquaculture Science
Suisanzoshoku
発行元水産増殖談話会
巻号,ページ51巻・ 2号, p.205-210(2003-06)ISSN03714217
全文表示PDFファイル (148KB) 
抄録イモ焼酎は、鹿児島地方の主要な産品の一つであるが、その製造過程で排出される多量の焼酎蒸留廃液または焼酎蒸留副産物(SDBP)の利用法については、未利用な部分が多く、その扱いに苦慮している。そこで、本研究ではSDBPの利用拡大を図るために、水産生物餌料としての有用性を試験した。市販のコイ配合餌料にSDBP濃度が1、2、3および4%になるように添加した後、ヒゴイCyprinus carpio L.に40日間給餌した。総蛋白量では、SDBPの添加によって特に顕著な変化はみられなかった。餌料中のSDBP量が増加すると、試験魚の増重量、摂餌量および比成長速度も増加した。SDBP添加量の高い餌料を与えたものでは、上記3餌料成績に有意の差(P<0.05)が認められたが、SDBP添加量の増加は、餌料転換効率の低下を起こした。かように、SDBPは栄養学的に優れており、また経済性も高いことから、コイ餌料としての使用は可能なものと考える。
索引語餌料;添加;利用;コイ;副産物;研究;水産生物;濃度;給餌;摂餌
引用文献数22
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat