焼酎粕ペレット飼料が肉用牛の成長,健康,行動および肉質に及ぼす影響

焼酎粕ペレット飼料が肉用牛の成長,健康,行動および肉質に及ぼす影響

レコードナンバー680040論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015280NACSIS書誌IDAN00236503
著者名中尾 信雄
小野寺 良次
稲澤 昭
ほか20名
書誌名宮崎大学農学部研究報告 = Bulletin of the Faculty of Agriculture, Miyazaki University
別誌名Bulletin of the Faculty of Agriculture, University of Miyazaki
発行元宮崎大学農学部
巻号,ページ49巻・ 1-2号, p.1-21(2003-03)ISSN05446066
全文表示PDFファイル (2807KB) 
抄録本研究では、黒毛和種牛による飼養試験ならびに交雑種牛によるフィールド試験により焼酎粕ペレット飼料(SDB-PF)の給与が肉用牛の成長、健康、行動および肉質に及ぼす影響を検討し、以下の結果を得た。1)飼養試験およびフィールド試験における増体重ならびに飼料効率は、SDB-PFを添加した試験区が対照区よりも10%前後高くなり、SDB-PFは肉用牛の成長ならびに飼料効率を高める機能性をもつと考えられた。2)飼養試験およびフィールド試験において、SDB-PF給与が牛の健康を害することはなかった。関連して、フィールド試験では、対照区は肺炎、胸膜炎および胃炎に5頭罹患したが、試験区はゼロであった。3)飼養試験における行動調査の結果、対照区は試験区よりも見繕い行動とストレス関連行動が多く、SDB-PF給与は牛のストレス症状を起こしにくくしていると考えられた。4)SDB-PFは、両試験で枝肉重量を高める傾向があった。5)黒毛和種でも交雑種でも、ロースの脂質含量ならびにロース部位および筋間脂肪のビタミンE含量は、試験区が対照区よりも高い傾向を示した。官能検査では、黒毛和種牛の場合、試験区が対照区よりも総合的に好ましいと感ずる傾向が見られた。
索引語行動;飼料;健康;ペレット;肉質;交雑;効率;ストレス;種;研究
引用文献数16
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat