光強度と養分がガーナ産熱帯樹(Bombax buonopozense,Khaya ivorensis and Cedrela odorata)苗木の成長と電子伝達速度に及ぼす影響

光強度と養分がガーナ産熱帯樹(Bombax buonopozense,Khaya ivorensis and Cedrela odorata)苗木の成長と電子伝達速度に及ぼす影響

レコードナンバー680046論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015280NACSIS書誌IDAN00236503
著者名中尾 登志雄
Gyimah R.
Oo M.Z.
書誌名宮崎大学農学部研究報告 = Bulletin of the Faculty of Agriculture, Miyazaki University
別誌名Bulletin of the Faculty of Agriculture, University of Miyazaki
発行元宮崎大学農学部
巻号,ページ49巻・ 1-2号, p.69-78(2003-03)ISSN05446066
全文表示PDFファイル (1178KB) 
抄録熱帯樹種の成長や生理的反応での最適光条件及び養分条件は樹種により異なっている。ガーナの郷土種であるボンバックス(Bombax-buonopozense)やカヤ(Khaya ivorensis)、導入樹種のセドレラ(Cedrela odorata)の現実の光要求度や養分要求性についてはわかっていない。この研究では3樹種の成長および光合成速度(電子伝達速度ETR)への光および養分の影響を明らかにすることを目的とした。ボンバックス、カヤ、セドレラの2ヶ月苗を5段階(1.00 RLI、0.44 RLI、0.15 RLI、0.05 RLI、0.01 RLI)の相対照度下で3段階の施肥処理(0g、5g、10g/苗木)を行って14週間生育させた。ボンバックスとセドレラ苗木の地上部及び地下部の成長には光、養分およびその相互効果で有意な影響が認められた。カヤの地上部成長には光処理だけが有意な影響を及ぼした。ボンバックスとセドレラ苗木では、成長パラメータの高さ(HI)、直径(DI)、体積(D(2)HI)および地下部/地上部比は光合成速度(ETR)と同様に高施肥条件下で増大した。それに対し、カヤではやや被陰条件下で成長と光合成速度が大きくなった。
索引語光;養分;速度;種;苗木;条件;光合成;熱帯;電子;施肥
引用文献数18
登録日2011年12月08日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat