わが国農耕地における窒素負荷の都道府県別評価と改善シナリオ

わが国農耕地における窒素負荷の都道府県別評価と改善シナリオ

レコードナンバー680123論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20011749NACSIS書誌IDAN00195767
著者名寳示戸 雅之
池口 厚男
神山 和則
ほか4名
書誌名日本土壌肥料學雜誌 = Journal of the science of soil and manure, Japan
別誌名日本土壌肥料學雜誌 : 土壌・肥料・植物栄養
Japanese Journal of Soil Science and Plant Nutrition
日本土壌肥料学雑誌
発行元日本土壌肥料學會
巻号,ページ74巻・ 4号, p.467-474(2003-08)ISSN00290610
全文表示PDFファイル (902KB) 
抄録耕地土壌表面における窒素収支を、投入窒素量と収奪量の差から求めた土壌残存窒素が余剰降水量に全量溶けたと仮定する年間平均溶脱水窒素濃度推定値を用い、都道府県別に評価した。その結果、以下のことが示された。1.年間亜平均溶脱水窒素濃度推定値の全国平均は7.8mgNL(-1)、北海道を除く府県平均で8.8mgNL(-1)、北海道で2.9mgNL(-1)である。都道府県間のばらつきが大きく、30mgNL(-1)を超えるなど極端に高い県と、値がマイナスを示す県とに分かれた。2.溶脱水窒素濃度推定値が高い府県では家畜ふん尿窒素負荷が高い場合が多い一方で、これらを含む多くの県において化学肥料窒素施用量のみでは溶脱水窒素濃度推定値を説明できなかった。3.現状の化学肥料窒素施用量の3割を削減することで、平均溶脱水窒素濃度推定値の全国平均が7.8→5.4mgNL(-1)(-31%)に、府県では8.8 →6.3mgNL(-1)(-38%)に低下した。4.高度処理が可能なふん尿について窒素成分を除去し系外に排出する効果はそれほど大きくないが、これは前提となる処理可能量自体の問題と思われる。5.すべての休耕地を利用することにより、溶脱水窒素濃度推定値が全国平均で7.8→5.9mgNL(-1)(-24%)、府県平均では8.8→6.6mgNL(-1)(-25%)と大きな削減効果が、さらに化学肥料削減の併用でさらに大きな効果が推定された。6.ただし今回の試算は、都道府県単位としたこと、年間平均溶脱水窒素濃度の性格、アンモニア揮散を窒素負荷減少要因と見なしたことなど、重要な精度低下要因が内包されており、改善の余地が残されている。
索引語窒素;溶脱;水;濃度;推定;負荷;化学肥料;効果;耕地;評価
引用文献数40
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI, AGROLib

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat