畦畔草刈機の開発(1)

畦畔草刈機の開発(1)

レコードナンバー680251論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ00015065NACSIS書誌IDAN00200470
論文副題刈取装置及び基本性能
著者名宮原 佳彦
戸崎 紘一
市川 友彦
ほか1名
書誌名農業機械學會誌
別誌名Journal of the Japanese Society of Agricultural Machinery
農業機械学会誌
Journal of the Society of Agricultural Machinery
Journal of the Society of Agricultural Machinery, Japan
発行元農業機械學會
巻号,ページ65巻・ 5号, p.92-99(2003-09)ISSN02852543
全文表示
抄録水田畦畔の除草作業には刈払機が使われることが多いが、作業能率の低さと不安定な作業姿勢による労働負担の大きさ等が問題となっている。そこで、畦畔の上面と片側法面の雑草を二面同時に刈り取る方式の自走式歩行形草刈機を開発した。開発した畦畔草刈機は、上面が30cm、法面が30?70cm程度の幅の畦畔において、法面の刈幅を調節しながら雑草を刈り取ることができる機構を有している。また、畦畔上での安定した作業及び走行を可能にするため、前輪舵角調節機構を持つ前後両輪駆動方式の走行部を採用した。開発機を供試して、上面45cm、法面30?70cmの畦畔等で試験した結果、作業は円滑に行うことができ、その際の作業能率は刈払機の約2倍であった。
索引語作業;開発;法面;雑草;方式;機構;走行;調節;性能;水田
引用文献数6
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat