乳酸菌およびアクレモニウムセルラーゼ添加緑茶飲料残渣サイレージの化学組成と栄養価

乳酸菌およびアクレモニウムセルラーゼ添加緑茶飲料残渣サイレージの化学組成と栄養価

レコードナンバー680305論文タイプ学術雑誌論文
ALIS書誌IDZZ20005663NACSIS書誌IDAN00195188
著者名藤田 泰仁
徐 春城
蔡 義民
ほか3名
書誌名日本畜産學會報 = The Japanese journal of zootechnical science
別誌名日本畜産学会報
日本畜産学会報
Nihon chikusan gakkaiho
Animal science journal
Animal science and technology
発行元Zootechnical Science Society of Japan
巻号,ページ74巻・ 3号, p.355-361(2003-08)ISSN1346907X
全文表示
抄録緑茶飲料残渣を有効利用するため、無添加処理(対照区)および乳酸菌とアクレモニウムセルラーゼを添加処理(添加区)して緑茶飲料残渣サイレージを調製した。添加区のpHは対照区より有意(P<0.01)に低く、乳酸含量が有意(P<0.01)に高く、270日間貯蔵でも品質が安定して保持された。添加区の細胞壁の有機物成分(OCW)含量および酸性デタージェント繊維(ADF)含量は対照区より有意(P<0.05)に低く、細胞内容物の有機物成分(OCC)含量が有意(P<0.05)に高かった。また、生理活性物質であるカテキン類の含量も添加区の方が対照区より有意(P<0.05)に高かった。メンヨウでの消化試験によって求められた添加区の緑茶飲料残渣サイレージの可消化養分総童(DN)、可消化エネルギー(DE)は乾物中それぞれ71.1%、13.4MJ/kgであり、ビール粕と同程度のDNを有することが明らかとなった。
索引語添加;飲料;残渣;サイレージ;乳酸菌;処理;有機物;成分;消化;DN
引用文献数16
登録日2011年03月05日
収録データベースJASI

論文アクセスランキング

Copyright 2017 農林水産省 農林水産技術会議事務局筑波産学連携支援センター

Tsukuba Business-Academia Cooperation Support Center, Agriculture, Forestry and Fisheries Research Council Secretariat